カベボー

カベボーについて

準耐火構造耐力壁カベボーは、音を遮断する性能と燃えない性能を併せ持つ壁倍率2.5倍を取得した木、水、セメントのみの化学物質がゼロの耐力壁面材です。

木装仕上げ、金属板・金属サイディング仕上げ、窯業サイディング仕上げや直貼り工法、通気工法など外装材と工法の中から多彩なバリエーションを選択していただくことが可能です。

脱合板を目指した、地球に優しい建材です。

  • 健 康

    「木・水・セメントのみ」で作られたホルムアルデヒド告示対象外建材

    カベボーは「木・水・セメントのみ」で作られています。

    人体に悪影響を与える危険があるクロルピリホス系の防蟻剤や防腐剤の混入の可能性のある建築廃材、アスベスト、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが含まれる接着剤などの材料は使用しておりませんので、居室の内装仕上げや天井裏等にシックハウス対策に係る規制を受ける事なく使用できる建材です。

    平成15年9月18日付国土交通省建築指導課発行の資料にも、ホルムアルデヒドの発散がほとんど認められないことから告示対象外で規制を受けない建材の例として、カベボーの事である「木質系セメント板」が記載されています。

  • 安 全

    国土交通大臣認定準不燃材

    カベボーは、耐力壁の性能を併せ持つ木造軸組工法の準耐火(1時間)を取得しています。

    外装材は、アルミを含む金属板・各種サイディング仕上げのみならず、木材の仕上げも行えます。

    その他に、地域によっては断熱材を壁内に装填することや、通気銅縁を使用しての通気工法にも対応しています。

  • 環 境

    国産ヒノキの間伐材を100%使用

    当社のカベボーに使用されている木質材料は全て国産ヒノキの間伐材です。

    アスベスト、防蟻剤、防腐剤の混入の可能性がある建築廃材は全く使用していません。

    製造過程でも、それらの端材や当社製品をリサイクルして自然資源を無駄にしない効率的な利用を図っており、間伐材マーク認定、合法木材供給事業者認定を受けております。

  • 耐 朽 性

    木材腐朽菌による質量減少率0%

    ボード類の耐久性が落ちる原因の一つに「腐る」という事があります。

    この「腐る」という現象は木材腐朽菌が木材を食べる事を意味します。

    そこで、防腐剤を使用していないカベボーが木材腐朽菌に食べられるか、つまり「腐る」かということについて京都大学木質科学研究所に依頼して試験を行いました。

    試験方法は、日本木材保存協会規格の第3号-1979の「木質材料の耐久性試験方法」にほぼ準じて行い、供試菌として褐色腐朽菌のオオウズラタケと白色腐朽菌のカワラタケを用いて保存菌株を液体培地で振とう培養して得た菌糸粒を、マヨネーズびんに石英砂と培養液を入れた培地に振りかけ静置培養し、菌そうが十分に広がったところで、ガス滅菌した試験体(25×25mm×試験体の厚さ)を培養びん中に設置し、26℃の培養室内で3ヶ月間腐朽させた後の試験体の質量減少率によって耐朽性を測定しました。

    試験の結果、対照材のブナ辺材の平均質量減少率が26.7%(オオウズラタケ)、37.0%(カワラタケ)だったのに対し、当社の高圧カベボーはいずれも0%という結果になり、木材腐朽菌に対してとても高い耐朽性を持っている事が分かりました。

    耐朽性試験結果

    供試菌 試料 質量減少率(%)
    最小 最大 平均 標準偏差
    オオウズラタケ カベボー 0 0 0 0
    ブナ辺材 21.8 32.3 26.7 3.4
    カワラタケ カベボー 0 0 0 0
    ブナ辺材 32.4 46.0 37.0 5.0
  • 耐 蟻 性

    シロアリの食害を受けない高い耐蟻性

    カベボーは防蟻剤を使用せず、木を原材料としていることから、シロアリの食害を受けるのではないかと考え、京都大学木質科学研究所に依頼して防蟻効力試験を行いました。

    試験方法は、(社)日本木材保存協会規格第11号「塗布・吹付・侵漬用木材防蟻剤の防蟻効力試験方法(1)室内試験方法」の総合試験に準じて行い、試験体(20×20×厚さ10mm、ただし対照材は10×10×20mm)をプラスチック容器(直径80mm、長さ60mm)の中に1個ずつ置き、イエシロアリの職蟻150頭、兵蟻15頭を投入し、28℃の暗所で3週間にわたり食害試験を行い、試験体のイエシロアリの食害による質量減少率、シロアリの死虫率で結果を示しました。

    試験の結果、対照材のスギ辺材の平均質量減少率が23%、平均死虫率が3%だったのに対し、当社のカベボーは平均質量減少率が0%、死虫率が23%という結果になり、シロアリの食害に対して高い耐蟻性を持っている事が分かりました。

    防蟻効力試験結果

    試料 質量減少率(%) 死虫率(%)
    最小~最大 平均 最小~最大 平均
    カベボー 0~0 0 21~24 23
    スギ辺材 22~25 23 2~3 3
  • 耐震性能

    壁倍率2.5倍認定取得

    カベボー耐力壁は、木造軸組み工法の直貼仕様、受材仕様とも壁倍率2.5倍の認定を取得しています。(9建設省長住指発第42号)

    1.軸組に係る倍率の数値

    直貼仕様 2.5倍
    受材仕様 2.5倍

    2.他の壁又は筋かいを併用した軸組の種類及び当該軸組に係る倍率の数値

    ① 建設省告示第1100号第1第1号から第4号に定められる軸組と併用した場合の倍率は、直貼仕様又は受材仕様の倍率2.5倍に告示第2第1号から第2第4号に定められるそれぞれの倍率の数値を加えたものとする。
    ②建築基準法施工例第46条第4項表1(1)項に掲げられた壁又は同表(2)項から(6)項までに掲げられた筋かいとを併用した軸組の場合の倍率は、直貼仕様又は受材仕様の倍率2.5倍に同表の倍率の欄に掲げられたそれぞれの数値を加えたものとする。
    ③ 当該数値の和が5を超える場合は5とする。

    「建設大臣認定書」より抜粋

    無載荷式面内せん断試験(JIS A 1414)

    ■直貼型

    供試体記号 壁倍率
    スラボー耐力壁-1 2.88
    スラボー耐力壁-2 3.26
    スラボー耐力壁-3 3.18
    スラボー耐力壁-4 3.06
    平均値 3.10

    タイロッド式面内せん断試験(JIS A 1414)

    ■受材型

    供試体記号 壁倍率
    スラボー耐力壁-1 3.77
    スラボー耐力壁-2 3.36
    スラボー耐力壁-3 3.87
    スラボー耐力壁-4 3.56
    平均値 3.64

    <参考>耐力壁の壁倍率

    ・15×90mmの筋かいを1本入れた軸組→1.0倍

    ・30×90mmの筋かいを1本入れた軸組→1.5倍

    ・45×90mmの筋かいを1本入れた軸組→2.0倍

  • 遮音性能

    快適空間に必要な高い遮音性能

    近年の建物は、室内を外部騒音、隣室騒音等から遮断する性能が大きく求められています。

    カベボー耐力壁はそれらの要求に応えることができます。

    この性能は、個人住宅においてはピアノ騒音や生活騒音の漏洩を防止する目的で利用することができます。

    • 試験図
    • 試験図2

    騒音レベル(dB(A))と騒音例

    騒音レベル 騒音例
    聴力機能に障害 120 近くで聞くジェット機の音
    110 前方2mの自動車のクラクション
    極めてうるさい 100 電車のガード下
    90 騒々しい工場の中
    うるさい 80 地下鉄の車内
    70 街頭の騒音
    日常的な騒音 60 デパートの中
    50 静かな事務所
    静か 40 静かな公園
    30 人のささやき声
    20 木の葉のふれあう音
  • 調湿性能

    優れた調湿性能

    カベボーの持つ調湿性能により、周囲が高湿度状態になると水分を吸い込み、また周囲が乾燥状態になると水分を放出します。

    カベボー1枚で、約6リットルの水を吸うことができ、周囲が乾燥状態になり、水分を放出すると、また元の状態に戻ります。

    これにより室内の湿度を調整し、快適な住環境を創ります。

    カベボー吸放湿性能グラフ画像
    吸放湿性能グラフ
    カベボー吸放湿試験結果グラフ画像
    吸放湿試験結果グラフ

規格

品質規格値

厚さ 20+1,-2mm
幅×長さ 910×1820+0,-3mm
かさ比重 1.00g/㎤+,-10%
重量 33kg+,-10%
曲げ破壊荷重
(曲げ強さ)
2300N以上
(870N/㎠)
JIS A 1408
ビス保持性能 800N以上 4φ×42ハイロービス

性能

※印は、東京理科大学測定値。他は、自社測定値。

曲げ破壊荷重 3000N以上
(1130N/㎠)
JIS A 1408
たわみ 3mm JIS A 1408 1800N
ビス引き抜き荷重 1146N 4φ貫通
含水率 14.3% JIS A 5909
熱伝導率※ 0.120W/m・K JIS A 1420
熱抵抗率※ 0.167㎡・K/W
軸組による壁倍率 直貼仕様2.5倍
受材仕様2.5倍

使用する釘の品質、寸法等

※印は、東京理科大学測定値。他は、自社測定値。

仕様 カベボーの施工 受材の施工
釘間隔 釘間隔
直貼仕様 N65 150mm以下 - -
受材仕様 N65 150mm以下 N75 300mm以下

カタログ・認定書

ご利用になる前に必ずお読み下さい。

当社は、認定書の閲覧、PDFカタログのダウンロード及びご利用によって生じた損害に対して一切責任を負わないものとさせていただきます。

原則として最新のデータとなっておりますが、製品の製造終了や仕様変更等により予告なくデータを修正する場合がある為、実際のものと記載内容が異なる場合がございます。

PDFカタログに掲載されている製品画像は、お使いのPC等の環境により実際の製品とは色調などが異なる場合がございます。

PCをお使いの方

閲覧するにはAdobe Reader(無償)が必要です。

お使いのPCにない場合は、上記のアイコンをクリックしてAdobe Readerのダウンロードページにてインストールをお願いいたします。

詳細はリンク先のサイトにてご確認下さい。

タブレット/スマートフォンをお使いの方

対応アプリケーションを使用していただく事で、PDFの保存・閲覧ができます。

お使いの機種にない場合は、iPhone/iPadの場合は「App Store」より、Androidの場合は「Google Play ストア」よりお使いの機種に適合したアプリケーションを検索してインストールしてご覧下さい。

タブレット/スマートフォン、アプリケーションの操作方法については各メーカー、提供元にお問い合わせ下さい。

カタログ

国土交通省 防耐火認定 認定書

※認定書は閲覧のみ可能となっております。印刷された物をご希望の方は資料請求からお申し込み下さい。

カベボー

採用実績

ご採用物件一覧

  • X様邸画像

    X様邸

    2006年

    外装は杉板張り

  • 長野県 K様邸画像

    長野県 K様邸

    2006年

    外装は金属板張り

  • Y様邸画像

    Y様邸

    2006年

    外装は窯業サイディグ張り